エッセイ

問題があってそれを解決したい時、一体何から取り組んだら良いのかわからなくなる時がある。そんなときは、この問題解決の方法を思い出すと良いかもしれない。 問題解決に ...

エッセイ

愛と協力の輪の中にいないと、人は足を踏み外す。愛のある教育を受けられずに親の無関心のもとに育った子供は、上手く生きれず自分では意図していない過ちを犯すかも知れな ...

エッセイ

生と出会うとは何か、それはありのままの現在を全身全霊で感じ尽くすということである。 その時、心理的な時間は無くなっている。今というのは全てを含んでいる。 人は様 ...

エッセイ

タイトルが少し難しいけどこれを言い換えると、「否定や正当化があるところに観察はありえない」ということである。 否定とは、存在の否定である。それは現実から目をそむ ...

エッセイ

今日のこと、仕事が終わって帰宅してリビングのソファに沈み込んで一息ついた。 そしたら、飼い猫のまめが近寄ってきて膝にちょこんと座った。 ↓ まめの写真 僕は、ま ...

エッセイ

物事は何事もやってみなきゃ本当のことがわからない。どれだけ考えてみても、どれだけ計画を綿密に立てて実行してみても、その計画では、予測していなかったことがほぼ確実 ...

エッセイ

こうあってはならない。という内的専制が存在する。例えば泣いてはならないだとか、強くなくてはならない等々。 これらを満たせないとき、私は自己非難をしてこの世界を住 ...

エッセイ

私は毎日対人恐怖を起こしている。全ての人に対して何かしらの恐怖を抱いている。 例えば挨拶しない私を人は軽蔑し怒っているとか、私の笑顔を気持ち悪いと人は軽蔑してい ...

エッセイ

どんな人でも、どんな生物でも愛を表現することができる。 私は劣等な人間だから人を愛する資格がないとか、そんなふうに思わないで。 どんなに劣等な人間だと世間から言 ...

エッセイ

愛情には二種類あると思う。相手を利用するために愛する(罪悪感を与え、見返りを求める)戦略的愛情と、なんの意図も持たない無条件の愛である。 戦略的な愛は、相手を支 ...