こころとあたまのくいちがい

2018年4月5日

記事のイメージ画像

今日のこと、仕事が終わって帰宅してリビングのソファに沈み込んで一息ついた。

そしたら、飼い猫のまめが近寄ってきて膝にちょこんと座った。


↓ まめの写真

まめの写真

僕は、まめを撫でたくてたまらなかったけど、疲れている体を動かすのに抵抗を感じて、手を持ち上げられなかった。

そしたら、すぐさままめは膝からびょこんと飛び降りてリビングから出ていってしまった。

僕は、こころとあたまのくいちがいに悩まされた。こころは休みたいのにあたまはまめに触りたい。

そして、その時ひらめいた。こころがいちばん大切で、こころをいちばん最初に癒やさなくてはならないんだということに気づいた。

いちばん大切なのはこころだ。

いちばん最初にこころが癒えてなくてはならない。そうしなくては大切なものや愛したいものは離れていってしまう。

心と体がとてもとても大切だから。はじめに癒やしがなくてはならないということに気づいた。

明日はまめを撫でたい。だから今日はこころを思う存分癒やすことにする。これからもそうする。