恐怖からの逃避は欲望の一つの現われである

2018年5月2日

記事のイメージ画像

恐怖を感じる時、彼はその恐怖に対してなんかしらの対策を取るかもしれない。それは現実から離れ去る動き、すなわち欲望である。

彼が欲望を持った時、彼の精神は孤立化する。そして、孤立化したところに心理的な自己防衛があり、自己と外界の対立が生まれる。

孤立、心理的な自己防衛、外界との対立。彼の中でこれらの重要度が高まれば高まるほど、彼の中の恐怖はより増し、現実味を帯びてくるであろう。

そして、いよいよ精神は欲望を達成するために彼自身のエネルギーの多くを注ぐことになる。

欲望を追求するとき、そこに愛や喜びや思いやりはあるであろうか。欲望を追求するとき、その彼の周囲には多くの不幸と多くの悲しみと多くの破壊があるだけなのではないであろうか。

彼は、それを自分自身で調べることができる。しかし、それを私は強制することは出来ない。