生と出会うことは死と出会うことである

記事のイメージ画像

生と出会うとは何か、それはありのままの現在を全身全霊で感じ尽くすということである。

その時、心理的な時間は無くなっている。今というのは全てを含んでいる。

人は様々なものを恐れる。心理的な恐れというものは時間のないところには存在し得ない。

死とは、死と生を分けるときに恐れに変わる。私は生きていて、いずれ死ぬ。その死が怖いというのである。

肉体的な死は至るところで観察できる。しかし、私が恐れている死は、自我の終焉のことである。

ありのままの生を受け入れることは自我の終焉、つまり死なのである。私はこの死を恐れているのである。

それは、本来の自分に出会うことであり、その本来の自分を完全に受け入れることなのである。

それは、本来の自己を生きることであり、それはトラウマを含める自己内部にある全恐怖を完全に感じ尽くすことになるのである。

それは、外的な恐怖から一切身を守らないということであり、死を含めるこの世界の全てを完全に認め、それを生きるということである。

そんなこと人間に耐えうることなのか。とてもとてもそんなこと出来やしない。という人間の精神が、心理的な時間を生み出し、私はその時間内に逃避するのである。そしてそこに安住するのである。

それは生の否定から生まれた架空の生である。そして同じく死の否定から生まれた架空の生なのである。

その土地は永遠に恐怖に汚染され続ける破滅の土地なのである。