記事のイメージ画像

エッセイ

あるがままを受容しよう。自然に生きよう。それらを私が思うとき、その行為自体が現在の拒否であり、理解のない動きである。 なぜなら、私は今あるがままではないから、自 ...