エッセイ

セラピストは支配されるものでも支配するものでもない。そして、クライエントの思想の味方になるのでも敵になるものでもない。それはクライエントの全肯定を基底とする混沌 ...