エッセイ

授業が苦痛で仕方がない、早く授業終了のチャイムがならないかな。こんなことをある1人の子供は思っています。 そして、先生に指名されるのを恐れて、寝たふりをしたり、 ...

エッセイ

私がいて貴方がいる。私が貴方を愛すると人が言うとき、それは偽物の愛である。 本当に愛しているとき、その愛は言葉では表現できないものである。 愛という強烈な感覚が ...

エッセイ

誰かに何かを言われて、しかたなくやる時その中に愛はない。 その中に愛が入り込む余地はない。何故ならば、愛は自由と自発性の中に花開くものであり、決して、固定された ...

エッセイ

ありのままという言葉はよく聞くと思いますが、なかなかその真意を実感として理解し、会得している人は少ないのではないのかと思います。 ありのままを生きるとは何かにつ ...

エッセイ

愛と協力の輪の中にいないと、人は足を踏み外す。愛のある教育を受けられずに親の無関心のもとに育った子供は、上手く生きれず自分では意図していない過ちを犯すかも知れな ...

エッセイ

どんな人でも、どんな生物でも愛を表現することができる。 私は劣等な人間だから人を愛する資格がないとか、そんなふうに思わないで。 どんなに劣等な人間だと世間から言 ...

エッセイ

愛情には二種類あると思う。相手を利用するために愛する(罪悪感を与え、見返りを求める)戦略的愛情と、なんの意図も持たない無条件の愛である。 戦略的な愛は、相手を支 ...