エッセイ

日常の行為全てになんの詮索もなく、入るときそこに自由があり、永遠がある。 瞑想というのは、入るという動きの究極の形である。 それは、迷いという躊躇や、不安という ...