エッセイ

あるがままを受容しよう。自然に生きよう。それらを私が思うとき、その行為自体が現在の拒否であり、理解のない動きである。 なぜなら、私は今あるがままではないから、自 ...

エッセイ

タイトルが少し難しいけどこれを言い換えると、「否定や正当化があるところに観察はありえない」ということである。 否定とは、存在の否定である。それは現実から目をそむ ...